スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
風と空気と人込
眩し過ぎる太陽の日差しを浴びながら

少し高い位置で景色を眺める

空は雲一つなく蒼く透き通っている

それはどこまでもどこまでも蒼く・・・・

ふと下を見下ろすと

だいぶ散り始めた桜並木の下を

幾人もの人間が歩いていく



あるものは1人早足で

あるものは友達と話しながら

あるものは恋人と寄り添いながら

あるものは慌てて走りながら

あるものはトボトボとゆっくり



他愛もない会話

特に意味のない会話

何となく出た言葉

色んな言葉がそこには溢れていた

私はそれを1人眺めていた



『人っていっぱいいるものだな』



心地よい空気に流れが生じる

木々がざわめき、まるで会話をしているよう

ある桜の花びらは居心地のよいそこにとどまる事を諦め

あの蒼い空の下へ旅に出る

心地よい空気の流れに身を任せ

留まっていては見る事の出来ない世界がみられる

つかの間の旅



空気はその動きを停め

静寂がおとずれる

旅もそこでお終い

後は堕ちるのみ

散った花びらは自分の意志とは無関係に

暖かくそして冷たい地に足をつけるのだろう

もっとこの蒼い空の下で旅を続けたかっただろう

そして、それは他のたくさんの花びらと共に

そっとその旅を終えた





咲いてるうちが花

散ってしまえばただのゴミ





切り離されたその身を

ただ眺める

いずれ掃除され

その身はもう誰の目にもふれられる事はなくなるのだろう

時が流れまた桜が咲く

それは綺麗に咲き乱れるだろう

でも同じ物なんかではなく

それは全く別の生き物なんだろうな



そしてその下を途切れることなく

人が歩いていく

他愛も無い会話を繰り返しながら

私もそこを歩くのだろう

話すことすらもう出来ない

この地に埋もれたその上を歩きながら

他愛も無い話をし続けるのだろうな





咲いた花は心と目を奪い

惹きつけて離さないだろう

心奪われた私の足の下で

散った花びらは

暗い地面で淋しく眠るのだろう

その存在はやがて誰からも忘れられ

姿も思い出せなくなるのだろう


















ワタシハココニイルヨ

ワタシハココニイタヨ

「大丈夫。。。私は絶対に忘れないから」
スポンサーサイト
【2006/04/07 20:20 】
| 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<遅番 → 早番 | ホーム | ラストレター>>
コメント
カズちゃのお話には続きがあるように思えるなw


その散った花びらの道を人が通る

あるひとは普通に
あるひとは喋りながら
あるひとは手をつなぎながら

そしてあるひとは、ふと立ち止まる
散った花びらをひとつ手に取り「綺麗だ」といった

散った花びらも
道をピンクに染めて桜を際立たせている

何一つ無駄なことはない




・・・と思う
【2006/04/07 22:37】
| URL | ゆぅ #-[ 編集] |
忘れない
忘れられるわけがない

ずっとずっと心の中にいる
幾年もの月日が経とうとも
その存在は忘れない

いなくなっても
いつまでも一緒だよ

ごめんね…。
【2006/04/08 09:19】
| URL | みるく #rw8R2TDs[ 編集] |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/04/10 11:04】
| | #[ 編集] |
散ってしまった花を私は忘れない。
そして…。

また新たな花が咲くことを祈ってる
きっと以前よりももっと美しい花を咲かせてくれるよ
そして笑顔で私達に微笑みかけてくれるよ
【2006/04/10 15:45】
| URL | みるく #rw8R2TDs[ 編集] |
今日からの3日間は決して忘れることは出来ないだろう…。
ごめんね
こんな私を許してください。
【2006/04/11 10:03】
| URL | みるく #rw8R2TDs[ 編集] |
散ってしまった…。
散ってしまったものを元に戻すことは出来ないけれど
決して忘れないからね

私の中の花は散ったけれど
外の景色は少しずつ変わり始め花を咲かせていた
いつしかまた私に花が咲くことはあるのだろうか…。
それを見上げ喜びをかみ締めることができるのだろか

答えはまだ見えないけれど
それに向かってただ突き進むだけ
邪魔なものを排除するのみ


暗い暗い海の底に再び沈んでしまわないように
手を差し伸べて…。

そしてずっと放さないで
【2006/04/14 14:06】
| URL | みるく #rw8R2TDs[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://psychedeliclover.blog17.fc2.com/tb.php/138-8d0d80ae
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。