スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |




どうかせめて 同じ蒼ざめた月の下で 笑っていて

触れることも出来ないから



どうかせめて 同じ流れる季節の中で 笑っていて

何一つも まだ諦めてはいないから



春が過ぎて 同じ景色にたどり着けたら その時には

手をつないで この世の終わりを見よう 二人きりで








この腕は 初めから 何一つ失ってはいないから

君がくれた想いは 何よりも 強く 儚く

今も色褪せずここに





止まらない声 願いだけ 夜に漂い

祈りの唄を掻き消す 遠い空へ


スポンサーサイト
【2006/03/05 23:23 】
| 想い | コメント(5) | トラックバック(0) |
仕事始まってから更新してなかったね
君に捧げる次の舞台の物語を描こう



白昼夢からあなたを連れ出して

麻痺した現実を突然突きつけるけれど

嫌気のさす現実の有り様を眺めよう



かつて勝手に傷を増やし

まるで余計な涙を流し

微かな希望を抱いて助けを求めていた

灰色の毎日

救いを求める声は響くだけで届かない

曇り空へ飛び立つ青い鳥を見上げてるだけ



誰も本当の意味は分からない

結果がすべてさ

たとえ非難の雨を受けようとも

それが私の描く物語
【2006/02/28 19:14 】
| 想い | コメント(6) | トラックバック(0) |
PURPLE SKY
B型C型肝炎の健康診査を受けなくてはね^^




本格的に世界が動き始めた

もう後ろは決して振り返らない

前だけを見て

出来る事をするのみ

ただそれだけ・・・・・
続きを読む
【2006/01/29 16:23 】
| 想い | コメント(1) |
不幸の手紙
世の中には

努力すればなんとかなることと

努力してもなんとかならないことがある

人を理解したり好きになったりするのは

努力ではないから





分かりあえる人とは

あまり努力をしなくても分かりあえる

分かりあえない人とは

どんなに努力しても平行線をたどる





それが人の好みとか相性のようなものだから





だけど

ダメかなと思っても

やっぱり伝えるしか方法はない





どんなに言葉にしても

決して伝わらないかもしれない

何も変わらないかもしれない

全然わからない

わかろうともしないかもしれない





でも

自分が悪いわけではないし

相手が悪いわけでもない





伝わらない人にはずっと伝わらない

分かろうとしない人には理解することはできない

何も変わらない

自分の気持ちだけを押し付けても

何も変わらない

どんなに叩いても扉は開かない





相手と自分

お互いがお互いを理解しようとし

押し付けようとせず

それぞれが受身の立場を分かった上で

初めてお互いを想えるようになる

そしてきちんと気持ちを伝え合えること

そうでない限り

どちらかが我慢するか

ぶつかり合うことが起こるかもしれないから





それは不幸以外のなにものでもない





今はいいかもしれないが

いつか壊れる時が来るかもしれないから

耐え続けることになるのかもしれないから





どちらかが  もしくは  お互いに





どうかもう

不幸な人が出ませんように

少しでも不幸な人が減りますように



かずかより....〆(・ω・` )カキカキ
【2006/01/07 05:33 】
| 想い | コメント(4) | トラックバック(0) |
誰もが認める生き方なんてない
「女は結婚して一人前。だからあなたも早く結婚しなさい」


結婚している先輩に言われた

ちょっと落ち込んだ










「いいえ、女は子供を生んで一人前よ」


その話を聞いた1児の母に言われた

なるほどなぁと思った










「本当の子育ては2人目からよ」


2児の母は言った










「夫の親と同居してない結婚生活なんてままごとみたいなものよ

 本当に大変なのは夫の親の介護よ」


夫の両親と同居する2児の母は言った










その後、2児の子育てと夫の両親の介護を経験した人に会った

文句無しの生き方のはずだった

ところがその人は首を振った


「専業主婦は一人前と見なされないの

 あなたのような仕事を持つ人の方が信用されるわ」


















世界で一番強い者を訪ね歩くネズミの話しみたい



北風が強い

北風は壁には敵わない

壁はネズミには敵わない

めぐりめぐって一番強いのはネズミになってしまった

物語はココでめでたしめでたし・・・・














でも

本当にネズミが世界で一番強いと思う?














ううん

多分ちがう


2児の子育てをし、夫の両親の介護をして、仕事を続けている女性も

きっと何か言われる


「母親が働いてたら子供がかわいそうよ」


とかね



















誰もが認める

世界で一番強い者がいないように



誰もが認める生き方なんて

多分ない



何をやっていても

誰かに何か言われる



だから

一度自分でよく考えたら

後は自分のやりたい事をやっていればいい













怖がらなくても大丈夫

もう光は射しているから

ずっと



komorebi.jpg

【2006/01/04 04:40 】
| 想い | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。